熊本県玉名市にある蓮華院誕生寺本院です。
蓮華院誕生寺と言えば、小岱山中腹にある世界一の大梵鐘がある「奥之院」が有名ですが
今回の玉名市築地の市街地にある「本院」もなかなか見どころある寺だと思います。
01IMG_1382_1
玉名市岱明町野口の県道347号線(旧208号線)沿いの道路から
駐車場に入り橋を渡ると最初に目に入るひときわ大きな門
南大門です。
今から400年ほど前の戦国時代に、戦乱によって焼失されたと言われている
南大門ですが、平成23年に現在の姿に再建されました。
02IMG_1417_1
高さ15m、横幅20m、奥行10mに達する これも青森ひばによる総木造の二重門で
一層部分に四方を守護する高さ4mの「四天王像」がお祀りされています。
それぞれ見てみます。
03IMG_1378_104IMG_1380_1

 















増長天 (南方守護)                 持国天 (東方守護)
                           
                    門の反対側には
05IMG_1376_106IMG_1377_1

















              多聞天 (北方守護)                                                 広目天 (西方守護)
   もと横綱朝青龍を心象モデルに           こちらはもと横綱白鵬を心象モデルにして
              5年半の歳月をかけて造られたものです。
               いずれも邪鬼を踏みつけています
07IMG_1418_1
南大門から石灯篭が並ぶその先にあるのは
初代蓮華院誕生寺住職 川原是信大僧正像です。
本尊である皇円大菩薩から霊告を受け、昭和5年に皇円が誕生したこの地に
蓮華院誕生寺として中興した際、尽力を尽くされました。
08IMG_1396_1
参道の途中にある釋迦堂
09IMG_1373_1
10IMG_1370_1
11IMG_1354_1
12IMG_1434_1
本堂です。
13IMG_1428_1
本堂の南側には五重の塔があります。
14IMG_1424_1
 平成五重塔です。
15IMG_1430_1
平成9年に完成した総青森ひば造り、高さ35mの純木造の五重塔です。
16IMG_1360_1
五重の塔の北側には
17IMG_1348_1
多宝塔があります。
18IMG_1436_1
平成30年に建てられた比較的新しいものです。
19IMG_1356_1
奥之院の「飛龍の鐘」には及びませんが、ここにも立派な梵鐘があります。