熊本市南区野田にある大慈禅寺は古くより曹洞宗の本山として
人々の信仰を集めている禅寺です。
IMG_9359_1
創建は弘安元年(1278年)曹洞宗の開祖である道元の高弟寒巌禅師によって開山されました
IMG_9360_1IMG_9358_1

















山門の左右にある仁王像
IMG_6145_1
中へと入ります
IMG_9343_1
IMG_9344_1
中央にある仏堂
中には県指定重要文化財に指定された熊本最大の仏像である
木造釈迦如来坐像及び両脇待立像が鎮座しています。
IMG_9348_1
IMG_9345_1
IMG_9346_1
羅睺羅尊者像(らごらそんじゃぞう)
IMG_9350_1
経蔵
IMG_9354_1
延享三年(1746年)建築 昭和55年修復
一切蔵経、大般若経写経を収めています。
IMG_9352_1
IMG_6157_1
座禅堂
座禅弁道の道場で昭和62年落成、60名の座禅が出来ます。
IMG_6152_1
法堂(はっとう)
往時の説法の道場であり、又読経供養の殿堂です。
昭和59年再建
IMG_6163_1
IMG_9357_1
IMG_9353_1
IMG_9341_1
鐘桜
梵鐘は弘安10年(1287年)に作られたもので
重要文化財にも指定されています。
IMG_6165_1
鐘桜は昭和61年に落成しました。
IMG_9351_1

境内には俳人種田山頭火の句碑もあります
「まったく 雲がない 笠をぬぎ」と刻まれています。
種田山頭火を出家させた望月和尚がこの寺に在住していたことから建てられています。