しょうがの名産地である熊本県八代市東陽町は石橋の里としても知られています
今回はそんな東陽町を巡ってみました。
IMG_6724_1
まずは河俣字久木野にある河俣川に架かる笠松橋
明治2年(1869年)に架橋され、長さ22.75m
IMG_6718_1
東陽町を代表する最も大きな石橋です。
IMG_6719_1
市指定有形文化財・建築物にも指定されており
IMG_6721_1
周辺は公園化されています
IMG_6714_1
続いて笠松橋の上流にある
鹿路橋です。
IMG_6716_1
嘉永元年(1848年)頃架けられたもので
長さ20,38m 径間13,65m 橋幅2,77mと比較的大きなものです
IMG_6727_1
笠松橋の下流にある谷川橋です。
IMG_6728_1
架橋は昭和4年と石橋の中では比較的近代に架けられたものです。
IMG_6731_1
近くには河俣阿蘇神社があります。
IMG_6732_1
IMG_6740_1
鍛冶屋下橋 東陽町北西原
IMG_6743_1
市指定建造物  
1800年頃とされ八代地域で最も古い年代に架けられた橋です。
長さ7,03m 径間3,92m 橋幅2,46mと小さいものですが
自然石を生かした美しいアーチの橋です。
他に今回は割愛しましたが、鍛冶屋上橋と中橋もあります。
IMG_6745_1
鍛冶屋下橋の近くにある石匠館
石橋全体について学べる施設です。
IMG_6751_1
白髪岳天然石橋
凝固岩によって自然に造形された天然の石橋です。
その昔、白髪岳の天神様が道をふさいでいた大岩を
蹴り破ってできたという伝説が残っています。
東陽町指定天然記念物
IMG_6748_1
長さ27m 径間18m 高さ9m
雑草が生い茂り近くまで行くことが出来なかったのですが
自然の力を感じました
IMG_6783_1
東陽町南にある道の駅東陽交流センターせせらぎの横には
IMG_6779_1
石橋公園があり
IMG_6781_1
日本庭園に旧重見橋が移築されています。
かつて重見地区を流れる小浦川に架かる橋で
平成元年にこの地に移設されました。
IMG_6753_1
最後に道の駅東陽の野菜レストランさんふるるで
IMG_6758_1
生姜かつ丼を食べて帰りました。
この店でも人気のメニューで
下味をつけた生姜と大葉とチーズのかつの相性が抜群でした