熊本県阿蘇郡高森町にある草部吉見神社は、宮崎県の鵜戸神宮、群馬県の貫前神社と共に
日本三大下り宮の一つとされており
IMG_8666_1_1
鳥居の下に社殿がある珍しい下り神社として知られています。
IMG_8668_1_1
大きな杉に囲まれた130段の石段を下りると
IMG_8672_2_1
正面に社殿が見えてきます。
IMG_8689_1_1
創建は孝霊三年(約紀元前288年)
IMG_8691_1_1
初代天皇である神武天皇の第一皇子・日子八井命(ヒコヤイノミコト)をはじめ
12柱が祀られています。
IMG_8695_1_1
IMG_8692_1_1
社殿の裏にはご神木の大杉があり
IMG_8698_1_1
ご神木の枝とその先が
IMG_8702_1_1
幹回り7.7m、樹高40mを超える
樹齢1000年の立派なご神木です。
IMG_8704_1_1
圧倒的な存在感に何かパワーを感じます
MG_8716_1_1
IMG_8709_1_1
IMG_8710_1_1
IMG_8711_1_1
IMG_8713_1_1
IMG_8682_1_1
手水者の右手にある鳥居の先には、御塩井・吉ノ池があり
不老長寿の長命水と称される湧き水もあります。
池は水量がかなり少なかったですが、その先には龍の姿もありました。
IMG_8721_1_1