中島の九州ブログ

九州内の名所や行事などを紹介したブログです。 ご覧いただきありがとうございます。

2021年10月

熊本県八代市港町の八代港にあるくまモンポート八代です。
IMG_1798_1

2020年3月に完成したくまモンポート八代は
主にクルーズ船の乗客を対象に
熊本県のキャラクターで外国人などにも人気のあるくまモンで
もてなそうと造られた施設で

IMG_1800_1

施設内のいたる所でくまモン像が訪れる人を歓迎してくれます
約2.4haの敷地内には全部で84体のくまモンがいるそうです。

IMG_1801_1
和のイメージの鳥居や
IMG_1803_1
日本庭園などがあり
IMG_1805_1
途中の竹林の道にはくまモンが顔を出したりしています。
IMG_1807_1
中央にはひときわ目立つ高さ6mのビッグくまモン
IMG_1810_1
ジャイアント馬場の16文キック(例えが古くてすみません)も真っ青の
90文(くまモン)キック?
IMG_1811_1
もうひとつの目玉はこのくまモン合唱隊
IMG_1812_1
どんだけくまモンいるんだ !って感じですが
IMG_1814_1
全部で54体あるそうです。
IMG_1817_1
くまモンだらけで
IMG_1820_1
これだけ揃っていると圧巻です。
IMG_1825_1
IMG_1835_1
こちらは十二支くまモン
IMG_1836_2
干支に熊はいないのでそれぞれ
亥や子、丑などのたすきを付けています。
IMG_1838_1
旅客ターミナル内は一部分だけ入場可能で
実際にくまモンが来た時の写真などが展示されていました。
IMG_1841_1
多目的芝生広場のくまモンの向こう側には
IMG_1821_1
延長410m、22万トン級の大型船が接岸可能な接岸バースがあります
IMG_0711_1

本来ならこのような大型船が来航してくまモンポートも賑わうはずでしたが
折しも新型コロナウイルスの影響で訪れる外国船籍のクルーズ船もほとんどなく
2020年10月から感染対策をして熊本県民限定で開放していました。
今年の10月23日からは県外客も受け入れるようになったので
多くのくまモンファンに訪れてもらたいものです。

(写真は2017年に八代港に寄港した時撮影した
ロイヤルカリビアンインターナショナルのオベーション・オブ・ザ・シーズです。)

熊本県阿蘇郡西原村の俵山交流館萌の里のコスモスが見頃だというので出かけてみました。
01IMG_1937_1
訪れた10月16日(土)は曇りで時々陽が差す状態でしたが
02IMG_1910_1
開花具合はまずまずといったところでしょうか
03IMG_1921_1
コスモス畑の先の山側は造成中で
04IMG_1915_1
くまモンと阿蘇の写真入りのフェンスが建てられています
04IMG_1924_1
わずかに残っていたひまわり
この場所に今年の夏には「萌の里」では初めての
ひまわりも植えられていました。
05IMG_1926_1
06IMG_1922_1
13IMG_1941_2
07IMG_1928_1
07IMG_1944_1
09IMG_1919_1
コスモス畑の向こう俵山の中腹に何か丸い模様のようなものが見えます。
ミステリーサークルです。
10IMG_1916_1
上の方には白い人影が。宇宙人か? (ただの登山者です)
直径30mにも及ぶこのミステリーサークルは「阿蘇の不時着」という
熊本県の観光PR動画に因んで作られたものです。
このPR動画、宇宙人と地元の人との交流を描いた
USOみたいなASOの物語ですが、なんだか心もほっこりして結構良かったです。
11IMG_1931_1
という訳でもないですが、コスモ(宇宙)とコスモスとつながりで
UFOのイメージにしたつもりの一枚・・・(でもないかな?)
12IMG_1936_1
16IMG_1948_1
また、第二駐車場前には熊本地震復興プロジェクトの一環として
ONE PIECE(ワンピース)のナミの像も建てられています。
ナミの好物だというみかんの木も植樹され
向こうにはミステリーサークルも見えます。

15IMG_1945_1
コスモス以外にも見どころの多い俵山交流館萌の里でした。
ミステリーサークルは11月下旬頃まで見られるそうです。

今年で開園40周年を迎えた福岡市東区の海の中道海浜公園へと行ってみました。
01IMG_0469_1
この時期のお目当てはやはりコスモスでしょう
02 IMG_0479_1
大きな塔がある西口から入り
03IMG_0480_1
ここから左側の大芝生広場方面へと向かいます。
04IMG_0478_1
途中の虹の池周辺にはコキアが赤く染まっています。
06IMG_0475_1
西アジア、中央アジア原産のコキアは
刈り取った草を干してほうきを作るため別名ホウキギの名があります。
07IMG_0435_1
ここから先に進むと
08 IMG_0443_1
花の丘周辺ではコスモスが見頃を迎えていました。
09IMG_0461_1
一面黄色のキバナコスモスと
10MG_0464_1
オレンジ系のキバナコスモスです。
11IMG_0445_1
約12000㎡の敷地には120万本ものコスモスが植えられているそうです。
12 IMG_0450_1
ピンクや紫などのセンセーション系もきれいです。
14IMG_0453_1
15IMG_0454_1
16IMG_0459_1
コスモスはやはり秋の青空が似合います。
18IMG_0444_1
とは言え、10月だというのにこの日もまだ気温30度越え
17IMG_0467_1
暑い中でのコスモスを見た後は大広場レストハウスで一休み
19IMG_0474_1

何だかキバナコスモスを思わせるような黄色の
マンゴーソフトクリームです。
広い公園内を歩き回った後のソフトはまた格別でした。

熊本県宇城市の「うきうき豊野ひまわり園」へ行ってみました。
IMG_1758_1
場所は豊野町糸石の相良神社の近く
IMG_1796_1
神社前に駐車場が設けられており
そこから100mほど歩くとひまわり園です。
IMG_1793_1
地元の皆さんが約6千㎡の休耕田を利用し
熊本地震の復興を目的に始まったこの事業も今年で5回目
IMG_1765_1
今年は八月の長雨で開花具合はあまり良くなく
咲き具合も例年の四割ほどとか
それでもコロナ禍の中訪れた人に何とか元気になってもらいたいとの願いで
ひまわりを育てられ手入れされたそうです。
IMG_1770_1
植えられているのは雨や風にも強い
ハイブリッドサンフラワーという品種
雨にも負けず、少ないながらも咲いているひまわりに何だか元気を貰えそうです。
IMG_1756_1
ひまわり園の前には地元の小学生たちが描いたひまわりの絵も展示されています
IMG_1771_2
IMG_1768_1
IMG_1772_2
IMG_1761_1
まだ彼岸花もちょっとだけ咲いていました。
IMG_1773_1
IMG_1790_1
IMG_1787_1
IMG_1775_1
IMG_1778_1
豊野は柿の産地でもあり、
ひまわり園の近くにはこの時期柿の実も実っています。
IMG_1788_1
訪れた日(10月2日)は開花のピークをやや過ぎていましたが
まだまだ頑張って咲いているぞ、という感じで

IMG_1764_1
朝露にしっとりと濡れたひまわりの朝日を浴びて咲いている姿を見て
何か感じるものがありました。

↑このページのトップヘ