佐賀県の名湯武雄温泉、と言っても今回は温泉の話ではなく建物の話ですが。
武雄市武雄町の温泉入り口にある竜宮城のような朱色の建物
地元佐賀県唐津市出身の建築家、辰野金吾博士による武雄温泉楼門です。
01 IMG_5056_1
大正4年(1914年)に建てられ
天平式楼門と呼ばれ釘を一本も使用していない建築物です。
02IMG_5058_1
国の重要文化財にも指定されています。
また辰野金吾博士は、東京駅の設計者としても知られています。
03iIMG_8506_1_
 東京駅のドーム状の天井部分には、東西南北を除く、八つの方位を示す
           干支のレリーフがあります。    
04IMG_8452_1
     同じ時期に建てられた武雄温泉楼門二階の天井部分にも
東京駅にはない東西南北を示す、四つの干支があり
これを合わせると、くしくも十二支が全部揃うことになるのです。     
06IMG_5052_1_1
写真は一階の天井部分です。
二階の天井部分は通常は見ることが出来ず
07IMG_5061
      一階にその天井部分の干支の写真が掲示されています 
赤煉瓦の洋風建築の東京駅と辰野博士の建築としては珍しい
和風建築の武雄温泉楼門ですが
東京駅から遠く離れた故郷の温泉地に
こんな関連性があったとはちょっと意外な気がします。
       その遊び心が何だかちょっと粋だなぁ、思いました。        
05 IMG_5060_1
楼門の先に見えるのが
08IMG_5085_1
武雄温泉新館です。
09 IMG_5063_1
こちらも辰野設計によるもので同じ時期に建てられ
楼門と共に国の重要文化財に指定されています。
09IMG_5066_1
中には当時の浴室などが復元整備されており
12 IMG_5071_1
無料で館内を見学することができます。
11IMG_5068_1
床のタイルも当時貴重なもので豪華でモダンな感じがします。
10 IMG_5081_1
大浴場
13IMG_5069_1
当時の資料も展示されています。
14 IMG_5073_1
二階には長い廊下と
15 IMG_5077_1
大広間があり
床の間には辰野金吾博士の写真が飾られていました。
16 IMG_5075_1
新館二階から見た武雄温泉楼門