熊本市内が一望できる本妙寺、加藤清正公像のある展望所です。
コピー (1) ~ IMG_0724_1
本妙寺は天正16年(1585年)加藤清正公が父溝忠公の菩提寺として大阪に建立したものを
肥後入国の後、熊本城内に移し
更に慶長18年(1611年)清正公逝去の後、現在の地(熊本市西区花園)に移建されたものです。
コピー (1) ~ IMG_0816_1
熊本市電の本妙寺入口電停から西へ進むと立派な門が見えてきます。
登録有形文化財にも指定されている仁王門です。
残念ながら現在熊本地震の影響で通り抜けることができないので
迂回して本妙寺に行くこととなります。
コピー (1) ~ IMG_0811_1
塔頭が並ぶ参道の両脇には本妙寺本院や
コピー (1) ~ IMG_0798_1
勅願道場門と
コピー (1) ~ IMG_0799_1
大本堂などがあります。
コピー (1) ~ IMG_0778_1
参道を進むと石灯篭が並ぶ胸突雁木(むなつきがんぎ)と呼ばれる176段の石段です。
コピー (1) ~ IMG_0770_1
石段を登りきると
コピー (1) ~ IMG_0769_1
右側に常夜燈と
コピー (1) ~ IMG_0768_1
正面に中門の浄池廟が見えてきます。
コピー (1) ~ コピー (1) ~ IMG_0794_1_1
浄池廟をくぐると
コピー (1) ~ IMG_0788_1
拝殿です。
コピー (1) ~ IMG_0765_1_1_1
拝殿の奥が本廟、写真右側は宝物館(休館中)です。
コピー (1) ~ IMG_0790_1
手水舎
コピー (1) ~ IMG_0741_1
鐘楼堂
コピー (1) ~ IMG_0752_1
論語猿
拝殿と本廟の裏から更に300段の石段を登ると
コピー (1) ~ IMG_0728_1_1
中尾山中腹にある高さ9mの加藤清正公像が見えてきます。
コピー (1) ~ IMG_0735_1
地元では「清正公さん(せいしょこさん)」とも呼ばれており
コピー (1) ~ コピー (1) ~ IMG_0723_1

清正公さんは熊本城のある熊本市内を見守っているようです。