熊本県玉名郡長洲町の「金魚の館」では現在「第7回おひなさまときんぎょ展」が
行われています。
01IMG_8747_1
おひなさまと金魚、一見共通点なさそうですが、
実は3月3日は「金魚の日」でもあり
江戸時代に桃の節句を祝うひな飾りの中に金魚も飾っていたという
風習があったことからその日に制定されたそうです。
02IMG_8697_1
   会場ではイラストレーターにしだあつこさんのプロデュースによる
おひなさまときんぎょをテーマにした作品が飾られています。
04IMG_8686_1
イラストのタペストリーや
05IMG_8743_1
可愛らしいひな人形に
06IMG_8696_1
豪華七段飾りなどが展示されています。
08IMG_8689_1
09IMG_8688_1
10IMG_8737_1
11IMG_8701_1
また会場では創作人形も展示されており
12IMG_8712_1
福岡県柳川市でお馴染みの「さげもん」や
13IMG_8703_1
愛らしい人形に
14IMG_8740_1
今のご時世を反映してアマビエなどもありました。
15 IMG_8706_1
会場ではもちろん金魚も展示されています。
櫓をイメージして造られた展示スペースです。
17IMG_8721_1
写真は「日本オランダ獅子頭」
日本で古くから親しまれている金魚です。
18IMG_8727_1
こちらは長洲町のマスコットキャラクターの「ふれきんちゃん」を
モチーフにして改良された「リアルふれきんちゃん」
元にもなっている「頂天眼」よりもより眼が前を向いています。
水槽で泳ぎ周る金魚を見ていると飽きることはありません
20IMG_8772_1

おひなさまときんぎょを見た後は
長洲町長洲にある「お菓子のよね村」で名物の「金魚もなか」を買って帰りました
可愛らしい金魚の形をしています。

第7回おひなさまときんぎょ展は3月14日(日)まで行われています。
入場無料
開館時間 9:00~17:00
無料駐車場有

関連記事 熊本のお菓子 金魚もなか
http://nakasimacollection.blog.jp/archives/285693.html