熊本市の象徴的な山でもある「金峰山」に登ってみました。
画像は熊本市西区の国道501号線から見た金峰山です。
IMG_8677_1_1
個人的には直線道路の先に左右対称の金峰山(一ノ岳)が正面に見える
この辺りからの風景もいいかなと思います。

車で上まで行ってみます。
本来なら「さるすべり」あたりから徒歩で登りたいところですが
岩がごろごろとしているこの登山道は結構きついです。
根性なしなので、今回は横にある一方通行の道を車で上まで行ってみました。
02IMG_8543_1
駐車場に車を停めて北からの遊歩道を上って行くと数分で
03IMG_8546_1
熊本県内の各放送局の送信用アンテナが見えてきました。
これを過ぎると頂上です
04IMG_8556_1_1
標高665mの頂上には金峯山神社があり、拝殿が新しくなっていました。
06IMG_8561_1
この日はちょっと曇っていましたが、展望所からは
07IMG_8557_1
東側に熊本市街方面と
08IMG_8548_1
西側には有明海とその先には島原方面も望めます。
09IMG_8552_1
展望所で手のひらに餌を置いておくと人懐っこい野鳥(ヤマガラ)も寄ってきます。
10IMG_8567_1
山頂から下まで降りて鳥越峠にある「峠の茶屋」へ
12 IMG_8568_1
夏目漱石の小説「草枕」の舞台にもなったところで
現在ここは資料館になっています。
「おい」と声をかけたが返事ない という有名な一節がありますが
入るとすぐに管理人の方から声をかけられて
13IMG_8572_1
夏目漱石に関する資料などいろいろ説明していただきました。
14IMG_8574_1
峠の茶屋から西に行くと
17IMG_8595_1
追分交差点近くに草枕の道があります
この辺りは「草枕ハイキングコース」になっており
18IMG_8594_1
歌碑と
19IMG_8599_1
杉林の中に石畳が続く道があり、なんとも風情があります。
吾輩は漱石である。
なんちゃって漱石になり切ってここを歩いてみるのもいいかも
山路を登りながらこう考えました。

草枕の道から西に行くと、もう一つの峠の茶屋「野出峠の峠の茶屋」があります。
20IMG_8604_1
ここには茶屋はなく、石碑と
21IMG_8601_1
少し離れたところの公園には歌碑が建てられています。
ここから更に天水方面に行くと小説「草枕」の舞台となった前田家別邸や
草枕交流館などもありますが、腹も減ってきたことだし今回はここでUターンして
22IMG_8593_1
河内町岳にある「ニュードライブインUFO」へ寄ってみました。
いささか昭和の香りがする「ドライブイン」という名称は
最近ではあまりみかけなくなりましたが
ニューと付く位だからわりと最近建てられたものなのでしょう。(2020年9月オープン)
「UFO」は同じ敷地内にある優峰園(ゆうほうえん)フルーツランドからきています。
23 IMG_8583_1
店内もおNEWな感じでおしゃれな雰囲気
IMG_8589_1_1

ここでUPO麺(ユーポー麺)とやらをオーダーしてみました。
「UFO」じゃないんかい ! と思わず突っ込みたいところですが
中華料理の油溌麺(ゆうぽう麺)に由来するものらしいです。
UFOを思わせるような金属製の食器で、麺をよくかき混ぜて食べます。
もっちりの麺にパクチー独特の香りが刺激的
一口食べると宇宙人もびっくりするくらいの超激辛味でした。
これは辛いの好きな人にはたまらないかも。
辛いの苦手な人には甘いスイーツ系もあります。

今回はなかなか印象的な金峰山周辺巡りでありました。