熊本県八代市妙見町にある八代宮は妙見宮とも呼ばれ、地元では妙見さんとして
親しまれている神社です。
毎年11月に行われる九州三大祭りのひとつ「八代妙見祭」は特に有名です。
01IMG_7613_1
大鳥居の横にある
02IMG_7583_1
八代市指定天然記念物の妙見宮の樟
推定樹齢600年以上とされています。
03IMG_7485_1
八代妙見祭展示館には
04IMG_7585_1
祭りの亀蛇などが展示されており
05IMG_7587_1
その前には亀蛇さんの卵(がめの卵)も
撫でれば病気や災難をふせぐ魔除け、健康をもたらす神様とされています。
06IMG_7605_1
四脚門前の狛犬
07IMG_7608_1
08IMG_7589_1
さざれ石
09IMG_7607_1
妙見由来、亀蛇碑の由来があり、ここでも亀蛇の
頭を撫でれば幸福になり、お尻を撫でれば病気しないと伝えられています。10IMG_7591_1
境内社・大宮社
11IMG_7621_1
ご神木・中国原産のかりんの木
12IMG_7612_1
県重要文化財指定の拝殿
13IMG_7597_1
鮮やかな朱色の本殿は平成27年(2015年)に修復されています。
14IMG_7593_1
本殿の木鼻
15IMG_7600_1
16IMG_7603_1
参拝した後、開運招福お守り入おみくじをひいてみました。
開運を招く縁起物のお守りが入っており
17IMG_7687_1
招き猫が入っていました。
運勢も良かったし、これからいいことがあるかも。
18IMG_7615_1