中島の九州ブログ

九州内の名所や行事などを紹介したブログです。 ご覧いただきありがとうございます。

カテゴリ:熊本の記録 > 阿蘇方面

熊本県阿蘇郡西原村の俵山交流館「萌の里」横の畑でひまわりが
見頃だという事で先日ちょっと出かけてみました。

IMG_0547_1

「萌の里」と言えば、春のポピーや秋のコスモスが有名ですが
ひまわりが植えられたのは今年が初めてだとか。
約1ヘクタールの畑には20万本ほどのひまわりが植えられています。

IMG_0522_1

訪れた日はまだ梅雨明け前で
青空の下での夏らしいひまわりとはいきませんでしたが
IMG_0552_1

柔らかな光のもとでのひまわりも悪くはないかなと思います。

IMG_0544_1
IMG_0513_1
IMG_0546_1
IMG_0532_1
IMG_0519_1
IMG_0511_1
IMG_0528_1
ひまわり畑の上の山の方は造成中で
IMG_0551_1
その間にはくまモンや阿蘇の名所の写真が入った
フェンスが建てられています。
IMG_0539_1

秋にはまたきれいなコスモスも見られることでしょう

2016年の熊本地震で崩落した南阿蘇村の国道325号線、阿蘇大橋の替わりに
新しく架け替えられ、今年3月に開通した新阿蘇大橋を渡ってみました
01IMG_8858_1
国道57号線沿いの展望所から見た新阿蘇大橋です。
IMG_8867_1
立野側から車で渡ってみます。
03IMG_8878_1
河陽側にある展望所駐車場に車を停めて
04IMG_8887_1
歩道を歩いてみました。
両側はフェンスに覆われていますが、橋の高さが実感できます。
06IMG_9056_1
展望所から見た新阿蘇大橋
左側下に見えるのは阿蘇長陽大橋です。
この橋も熊本地震で被害を受けましたが、被災後1年4ヶ月で復旧し
南阿蘇村中心部へのう回路として利用されていました。
05IMG_9055_1
新阿蘇大橋は崩落した阿蘇大橋より約600m下流側に
09 IMG_9057_1
VSL工法、PC3径間連続ラーメン橋桁橋という構造で架けられた橋で
地震などの揺れにも強いのが特徴です。
07IMG_9061_1
全長525.0m (橋長345m)、 幅10.5m、 高さ97.0m
08IMG_9064_1
断崖絶壁のこの辺りの複雑な地形に
よくぞ比較的短期間でこのような立派な橋が架けられたものです。
10IMG_9062_1
橋の向こう側(立野側)には
国道57号線と(2020年10月復旧)と JR豊肥本線(2020年8月復旧)が見えます
今回の新阿蘇大橋の開通によって阿蘇方面への主要なアクセスは
熊本地震から5年目にしてほぼ復旧しました。
11 IMG_9072_1
新阿蘇大橋展望所には「ヨ・ミュール」があり
ジェラートが販売されています。
12IMG_9053_1
ここで人気の「南阿蘇エレガンテ」を食べてみました。
阿蘇の三ツ星ミルクと南阿蘇産の和紅茶を使用した紅茶のジェラートです。
トッピングのキャラメルソースもいい感じです。
13IMG_9044_1
下流側の阿蘇長陽大橋から見た新阿蘇大橋です。
14IMG_9048_1
建設中の時は、新阿蘇大橋の工事の様子をこの橋を通りながら
眺めていましたが、今回このような立派な橋が完成しました。
15 IMG_9041_1
こちらは南阿蘇橋から見た新阿蘇大橋と、その先に見える阿蘇長陽大橋
(いずれの橋も名前がよく似ており、ちょっと混同しそうですが)
IMG_9066_1_

熊本地震の発生から5年となりました。
まだ南阿蘇鉄道や、未だ完全復旧していない区域などもありますが
阿蘇方面の復興が一日も早く進みますように。
多くの人が訪れているこの新阿蘇大橋の展望所に立ってそう願いました。

熊本県阿蘇市乙姫にある阿蘇乙姫子安河原観音は古来より「子授かり安産」の守り神として
知られています。
IMG_9012_1
入口付近にある子安河原観音の由来 には
03IMG_9039_1
約1500年前神功皇后が安産を祈願されたと伝えられたと記されています。
01IMG_9035_1
芝生広場の先には大きな観音像があります。
IMG_9015_1
本堂です
04IMG_7633_1
05IMG_9016_1
お願い事絵馬掛けには
06IMG_9017_1
それぞれの願いが込められています。
IMG_9037_1
本堂横から河原の方へ降りていくと
途中から子安河原観音のご神体が見えます。
07IMG_9025_1
上向きに寝た女体の形をした自然石が観音様のお姿で
子授けを願う人は祈願のうえ、ここの河原の石を持ち帰り股にはさむと
子宝に恵まれるという言い伝えがあるそうです。
08IMG_9026_1
河原と言っても水はほとんど流れておらず
ご神体のすぐ近くまで行くことができます。
09IMG_9028_1
自分自身、今さら子授けを願うという歳ではないですが
観音様の前に立つと何か神聖な気持ちになります。
10IMG_9034_1
観音像の前には奉納された石が。
11IMG_9032_1
この一帯は子安河原観音公園になっており
観音像の他にこんなものもありました。
12IMG_9036_1
1999年(平成11年)に熊本県で行われた第54回国民体育大会に因んで
誕生したキャラクター、左側からひっくる、もっくる、みっくるです。
今やすっかり忘れられた存在のようですが、当時この三人組 ? は
そこそこ人気だったような気がします・・・でもないかな。
13IMG_9010_1
子安河原観音を訪れた後は
近くの国道57号線沿いにある「郷土料理ひめ路」で
だご汁と高菜めしに小鉢が付いた「ひめ路定食」を食べてみました。
14 IMG_8998_1
高菜めしは自家製のコシヒカリを使用し
15IMG_9006_1

だご汁はだんごと出汁にこだわり野菜のうまみが凝縮されたのが特徴です

春爛漫、桜の美しいこの時期、熊本県阿蘇郡南阿蘇村に桜を見物へ行ってきました。
まずは阿蘇の代表的な桜の名所でもある「一心行の大桜」
この時期に合わせて現在「第23回南阿蘇桜さくら植木まつり」が行われています。
(4月10日(日)まで)
IMG_8901_1
この一心行の大桜は
IMG_8896_1
天正8年(1580年)島津氏との戦いで戦火に散った
矢崎城城主・峯伯耆守惟冬(みねほうきのかみこれふゆ)の菩提樹で
惟冬と家臣を弔うためこの地で一心に行をおさめたのが名前の由来となっています。
IMG_8893_1_1
樹齢約400年、樹高14m、枝張り東西21.3m、南北26m、幹周り7.35mの山桜です。
IMG_8897_1
幾多の台風などにより、その枝ぶりも昔と幾分変わりましたが
四方に伸びる大きな枝は歴史の重みと共に
何本もの支柱によって支えられています。
IMG_8903_1
IMG_8918_1
IMG_8924_1
IMG_8932_1
一心行の桜を見物した後は会場の出店で「一心行さくらソフト」を食べてみました。
さくらの香りを抽出したエッセンスを使い桜葉の塩味をプラスした
期間限定和風ソフトです。
IMG_8995_1
続いて熊本県野外劇場「アスペクタ」へ
IMG_8934_1
2009年(平成21年)に地元出身の長野貞春氏によって
約1万本の河津桜の苗木が寄贈されたのをきっかけにIMG_8941_1
敷地内には多くの桜が植えられています。
IMG_8987_1
IMG_8947_1
訪れた時期は「ソメイヨシノ」の他
IMG_8986_1
山道を上って行くと
IMG_8955_1
「陽光桜」が見頃を迎えていました。
IMG_8954_1
日本原産の交雑種のサクラで
IMG_8962_1
ソメイヨシノよりちょっと開花時期が早いようです。
IMG_8969_1
青空に鮮やかなピンク色の花びらが映えます
IMG_8963_1
桜の向こうには根子岳や野焼きの煙なども見えます。
IMG_8979_1
天気にも恵まれ、大自然の中で南阿蘇の美しい桜に
心もちょっと癒されました。

熊本県阿蘇市は水が豊かな地域でもあります。
今回は役犬原にある「ポケットパーク湧水」に行ってみました。
00IMG_7224_1
この辺りは自噴する井戸が多く、農業用水などにも使われており
01IMG_7215_1
ここでは丸い井戸からは天に向かって勢いよく水が噴き出しています。
02IMG_7221_1
平成22年には「熊本県平成の名水百選」にも選ばれています。
04IMG_7216_1
公衆電話を利用したその認定証のスタンド
なぜ公衆電話なのかわかりませんが、他にも謎が
03IMG_7212_1
井戸の下のカエル像
以前は口から水を出していましたが、現在は口に栓がはめられています。
05IMG_7209_1
更に井戸の横には不思議な像が
06IMG_7210_1
シンガポールで有名なマーライオンが左右に河童を従えています。
なぜこの組み合わせなのか、よくわかりませんが面白い光景です。
07IMG_7223_1
口から水は出てませんが、確かにまぁ、ライオンですかね。
08IMG_7228_1
マーライオンの横にはちょっと色っぽい河童に
09IMG_7226_1
ちょっとエロっぽい河童
12IMG_7220_1

何だか不思議な世界の湧水ポケットパークでした。

↑このページのトップヘ