中島の九州ブログ

九州内の名所や行事などを紹介したブログです。 ご覧いただきありがとうございます。

カテゴリ:熊本の記録 > 天草方面

熊本県上天草市大矢野町にある維和島は大矢野島の東側
八代海に浮かぶ面積6,55㎢ほどの島で

IMG_8533_1
大矢野島とは野牛島の西大維橋を経て東大維橋で結ばれています。
全長380mの鋼吊り橋で昭和50年(1975年)に架けられました。
道幅はやや狭いものの見た目も美しい立派な橋です。
IMG_8609_1
維和島側から見た東大維橋です。
IMG_8532_1
天草四郎の母の里とも言われ
島の東側の蔵々港には天草四郎にまつわる案内板がずらりと並びます。
詳しいことは省略しますが
「天草四郎と荒神の古井戸」、「天草・島原の乱と関戸杢右衛門」
「天草四郎時貞と殉教戦」、「天草・島原の乱と天草四郎時貞」
などについての案内板です。
IMG_8569
島全体が九州オルレコースになっています。
オルレとは韓国済州島発祥のトレッキングで
時分なりにゆっくりと歩きながら自然を満喫しようというものです。
IMG_8525_1_1_1
途中にはこんな案内板もありました。
IMG_8601_1
また維和島は車海老養殖発祥の地で
明治38年(1905年)全国で初めて車海老が養殖された所だと言われています。
IMG_8604_1
記念碑周辺には多くの車海老の養殖場があります。
IMG_8587_1
島の中央部にある維和桜花公園へ行ってみました。
IMG_8570_1
ここは昭和35年(1960年)まであった維和小学校の跡地で
広場では桜が見頃になっていました。
IMG_8583_1
ベンチの横にあるのは今や知っている人も少なくなった
平成11年(1999年)に開催されたくまもと未来国体の公式マスコット「ひっくる」です。
IMG_8509_1
他に「もっくる」、「みっくる」と三体いて
大矢野町ではミニバレーボールのデモンストレーション
が行われたみたいです。
IMG_8513_1
展望台まで行ってみます。
IMG_8514_1
展望台からは
IMG_8516_1
天草の島々が一望できます。
コピー (1) ~ IMG_8520_1
展望台の周辺にもいろんな種類の桜がありました。
IMG_8598_1
最後に島の南端の下山地区にある人面岩まで行ってみました。
日本奇岩百選にも認定されている岩で、確かに人の顔のようにも見えます。
IMG_8596_1
人の心を映す岩で見る人によっていろいろな表情に見えるそうです。
悲しんでいるように見えますか?
喜んでいるように見えますか?
怒っているように見えますか?
笑っているように見えますか?
叱っているように見えますか?
うーん、どうでしょう。
IMG_8597_1
人面岩の前には約8500万年前の姫浦層群の海岸が広がります。
IMG_8615_1
自然ゆたかで結構見どころもある上天草市の維和島でした。

今回は熊本県上天草市松島町の阿村周辺へと行ってみました
IMG_3767_1

まず訪れてみたのが まてが浜

IMG_3768_1
夏には海水浴場としても利用されるところですが
今は誰もいない静かな春の海です。
IMG_3765_1
海岸から高い鉄塔が見えます。
近くまで行ってみました。
IMG_3779_1
苓北火力線の送電線の鉄塔で高さ195m
九州で一番高い鉄塔だそうです。
下から見てもかなり高そうです。
横には案内板もあります。
IMG_3777_1
ちなみに日本で1番高い鉄塔は広島県竹原市の
中国電力大三島線にある鉄塔で226m
案内板には日本で2番目となっていますが
新たにこれより高い鉄塔が出来て現在は3番に後退したようです。
(現在の2番目は中国電力大崎線の223mだそうです)
IMG_3775_1
鉄塔のすぐ横には灯台もあります。
下大戸ノ鼻灯台でキリシタン文化をイメージしてデザインされています。
IMG_3783_1
これも鉄塔の近く道路沿いにある大戸鼻古墳群です。
IMG_3784_1
6世紀頃と推定される古墳で5基の内4基が現存しています。
IMG_3785_1
2基ある装飾古墳の内
中古墳が内部を見ることができます。
IMG_3790_1
石室内
IMG_3792_1
もうひとつの北古墳は石室内に壁画があるらしいですが
保存のため中を見ることはできません。
IMG_3799_1
古墳の近くにある金刀比羅宮です。
IMG_3798_1
IMG_3797_1IMG_3796_2
IMG_3794_1
海の安全を守ります。
IMG_3800_1
最後は高舞登山(たかぶとやま)へ登ってみました。
標高117mの山頂にある展望台からは
IMG_3802_1

天草の島々と天草五橋のパノラマが広がります。

島原・天草の乱の中心人物として知られる天草四郎
その天草四郎が戦いの時、潜んで作戦を練ったと言われる場所が
熊本県上天草市大矢野町登立にあります。

IMG_3710_1
天草四郎伝説の洞窟「吹割岩」です。

IMG_3695_1
案内板のある駐車場から
IMG_3693_1
150mほど進むと
IMG_3699_1
天草四郎の洞窟吹割岩です

約300万年ほど前天草にあった火山溶岩ドームの裂け目で

IMG_3700_1
両側に切り立った岩が迫り、ひんやりとした空気感が漂います。
IMG_3697_1_1
天草四郎の洞窟(吹割石)の由来が書かれている案内板
書かれている内容は駐車場の入り口のと同じですが
35年位前に立てられたもので年月を感じます。
案内板の一部には
万一に備えてこの洞窟を島原の原城まで堀りぬかせていたともいわれ
原城落城のおり天草四郎は死んだことになっているが
実はこのトンネルを通ってこの洞窟にのがれて
来たとの一説もある
と記されています。
IMG_3704_1
岩のそばには不動明王や
IMG_3705_2
弘法大師なども
IMG_3701_1
奉納されていました。
この地は大矢野八十八か所のひとつ、番外奥の院にもなっています。
IMG_3846_1
吹割岩を見学した後は大矢野町中の天草四郎ミュージアムへ
天草四郎についてより深く知ろうと思ったらやはりここでしょう。
ここでは天草島原の乱や南蛮文化、キリスト教伝来等について学ぶことができます。
IMG_3848_1
入口前には天草四郎の顔はめ看板や
その先には
IMG_3851_1
マリア像などもあります。
ミュージアムに隣接する天草四郎公園は
現在法面補強及び造成工事中で
以前丘の上にあった天草四郎像は移動されていました。
IMG_3857_1
天草四郎公園の向かい側、道の駅上天草さんぱーるに
移動販売車の天草四郎人形焼きがあったので買ってみました。
柑橘系の風味でなかなかいい感じです。
駐車場の車の中で食べていたら
IMG_3717_1
道路を挟んで四郎公園下の広場に
殉教天草四郎之像がありました。
鉄骨に縛られています。
四郎よ、どこに行く?

熊本県上天草市松島町合津の松島総合センターアロマ前の畑では
今年も菜の花が見頃を迎えていました。
IMG_3809_1
ここ天草の春は早く、一月中旬頃から二月中旬頃にかけて
早咲きの品種の菜の花が咲きます。
IMG_3812_1
本来ならもう少し早く行きたかったのですが
週末ごとに天候があまり良くなくて
なかなか行くことが出来ず、二月初旬にようやく見ることが出来ました。
IMG_3734_1
約1.3ヘクタールの敷地に広がる
IMG_3737_1
およそ100万本と言われている松島町の菜の花畑です。
IMG_3725_1
菜の花特有の香りに何だか癒されます。
IMG_3833_1
雲ひとつない快晴とまではいきませんでしたが、
何とか青空の下で美しい菜の花を見ることが出来て良かったです。
IMG_3836_1
IMG_3839_1
IMG_3837_1
IMG_3743_1
IMG_3729_1
IMG_3822_1
IMG_3763_1
菜の花畑の近くの合津港には龍の形をした足湯があります
IMG_3759_1
「松島温泉 龍の足湯」です。
IMG_3755_1_1
天井部分には地元に伝わる「池島の龍伝説」の説明文が書かれてあり
説明文と海と天草五号橋を眺めながら足湯を利用できます
IMG_3757_1

足湯の横には黄金の龍もありました。

熊本県天草市に近年パワースポットとしても人気の大きなあこうの木があります。
00IMG_9977_1
大あこうの木があるのは天草町大江にある西平椿公園です。
01IMG_9744_1
毎年3月頃は椿の花がきれいですが
最近は年間を通してあこうの木を目当てに訪れる人も多くなりました。
02IMG_9742_1
広場前には大あこうの木に因んで
04IMG_9708_1
縁結びや大願成就を願う絵馬も販売されています。
03 IMG_9740_1
販売所の横から山側を見ると大きな岩(大岩さま)があり
しめ縄が掛けられていました。
04IMG_9737_1
海側の展望所からは
05IMG_9738_1
1kmほど沖合にある大小約20の岩礁からなる
大ヶ瀬、小ヶ瀬が見えます。
この辺りは天草海中公園に指定されています。
大あこうの木は
06 IMG_9712_1
広場から90mほど下ったところにあります。
07IMG_9735_1
巨岩を包むあこうの木の木です。
高さ約20m、幹回り6.1m、推定樹齢100年以上のこの木は
アニメ「天空の城ラピュタ」の世界を彷彿とさせることから
「天草のラピュタ」とも呼ばれています。
09IMG_9723_1
巨石をがっしりと掴むように根が幾重にも延びており
IMG_9719_1_1
強い生命力を感じます
11IMG_9733_1
この場所にくると何かパワーを授かるような気がしました。
12 IMG_0012_1
あこうの木から遊歩道を150mほど下ると第二の展望所があり
海辺が近くなります。
13IMG_9996_1
もう一つの目的地を目指してそこから更に下ヘと向かいます。
14IMG_0009_1
木々のトンネルを抜けると視界が広け
15IMG_9997_1
希望の岬に出ます。
ここには希望の鐘が設置してあるので
16IMG_0002_1
鳴らしてみました。
静かな山間の海辺に波の音と鐘の音だけが響きます。

↑このページのトップヘ