中島の九州ブログ

九州内の名所や行事などを紹介したブログです。 ご覧いただきありがとうございます。

タグ:佐賀県

佐賀県の名湯武雄温泉、と言っても今回は温泉の話ではなく建物の話ですが。
武雄市武雄町の温泉入り口にある竜宮城のような朱色の建物
地元佐賀県唐津市出身の建築家、辰野金吾博士による武雄温泉楼門です。
01 IMG_5056_1
大正4年(1914年)に建てられ
天平式楼門と呼ばれ釘を一本も使用していない建築物です。
02IMG_5058_1
国の重要文化財にも指定されています。
また辰野金吾博士は、東京駅の設計者としても知られています。
03iIMG_8506_1_
 東京駅のドーム状の天井部分には、東西南北を除く、八つの方位を示す
           干支のレリーフがあります。    
04IMG_8452_1
     同じ時期に建てられた武雄温泉楼門二階の天井部分にも
東京駅にはない東西南北を示す、四つの干支があり
これを合わせると、くしくも十二支が全部揃うことになるのです。     
06IMG_5052_1_1
写真は一階の天井部分です。
二階の天井部分は通常は見ることが出来ず
07IMG_5061
      一階にその天井部分の干支の写真が掲示されています 
赤煉瓦の洋風建築の東京駅と辰野博士の建築としては珍しい
和風建築の武雄温泉楼門ですが
東京駅から遠く離れた故郷の温泉地に
こんな関連性があったとはちょっと意外な気がします。
       その遊び心が何だかちょっと粋だなぁ、思いました。        
05 IMG_5060_1
楼門の先に見えるのが
08IMG_5085_1
武雄温泉新館です。
09 IMG_5063_1
こちらも辰野設計によるもので同じ時期に建てられ
楼門と共に国の重要文化財に指定されています。
09IMG_5066_1
中には当時の浴室などが復元整備されており
12 IMG_5071_1
無料で館内を見学することができます。
11IMG_5068_1
床のタイルも当時貴重なもので豪華でモダンな感じがします。
10 IMG_5081_1
大浴場
13IMG_5069_1
当時の資料も展示されています。
14 IMG_5073_1
二階には長い廊下と
15 IMG_5077_1
大広間があり
床の間には辰野金吾博士の写真が飾られていました。
16 IMG_5075_1
新館二階から見た武雄温泉楼門               

佐賀県西松浦郡有田町にある九州陶磁文化館へ行ってみました。
01IMG_4865_1
中に入ると大きな有田焼からくりオルゴール時計が目に入ります。
03IMG_4819_1
高さ193cm、幅180cm、奥行き80cm、総重量300kgの大作です。
05IMG_4838_1
06 IMG_4836_1
09IMG_4820_1
九州陶磁の歴史(第4展示室)です。
10 IMG_4822_1
11IMG_4823_1
明治の陶磁器
12 IMG_4825_1
蒲原コレクション(有田町所蔵)
13IMG_4826_1
色絵桜花美人文六角大壺
18世紀前半
16IMG_4835_1
柴田夫妻コレクション(第5展示室)
柴田夫妻から寄贈された江戸時代の有田磁器約1000点が展示されています。
国の登録有形文化財です。
14IMG_4833_1
色絵宝鼠牡丹鳥文大皿
15IMG_4834_1
07IMG_4831_1
中庭には
1987年ドイツのマイセン市から姉妹都市友好記念に寄贈された
白磁冠火食鳥噴水があります。
08IMG_4828_1
様々な陶磁を見学した後は3階にあるカフェテラス彩へ行ってみました
17IMG_4849_1
店内にはいろいろなものが販売されています。
18IMG_4850_1
アマビエの小皿に
19IMG_4851_1
電車やスイカ、パンなどの可愛い箸置きも
20IMG_4858_1

ケーキセットをオーダーしてみました。
200年も前の古伊万里の器で味わうコーヒーはまた格別でした。

佐賀県立九州陶磁文化館
佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙3100-1
開館時間 9:00~17:00
休館日 月曜日
観覧料 無料
300収容 無料駐車場有

佐賀県西松浦郡有田町にある陶山神社(すえやまじんじゃ)は
祭神に応神天皇(八幡神)を主神に鍋島直茂公と有田焼の祖とされる李参平公を
配祀しています。
00IMG_4882_1
江戸時代に当時有田の統治と有田焼及び陶工に関する管理を行っていた鍋島藩の
皿山代官の指示により造営されたと伝わり、有田焼陶祖の神として
陶工たちの崇敬を集めた神社です。
通称とうざん神社とも呼ばれています。
01IMG_4895_1
境内への石段を登って行くと目の前に鉄道の線路が現れます。
JR佐世保線が参道を横切っているのです
02IMG_4908_1
神社の境内、鳥居前を列車が通過します。
警報機はありますが、遮断機はないので渡る時は注意が必要です。
この写真の左側には
04IMG_4890_1
御神木のイヌマキと
03IMG_4894_1
登録文化財にもなっている明治18年に奉納された
日本一の青銅製狛犬があります。
04IMG_4891_1
参道を先に進みます。
05IMG_4867_1
涼しさを感じるような手水舎がありました。
06 IMG_4892_1
07IMG_4870_1
急な階段を上って行くと
08IMG_4889_1
陶器で出来た大きな鳥居が見えてきました。
明治21年に竣工されたこの鳥居は、高さ3.7m、幅3.9mで
09IMG_4880_1
国の登録有形文化財にも指定されています。
13 IMG_4873_1
明治22年に奉納された
高さ1,09m、直径90cmの大水瓶です。
14 IMG_4874_1
狛犬ももちろん陶器製
明治20年、十代今右衛門奉納だそうです。
15IMG_4875_1
16IMG_4876_1
様々な名工たちの作品が点在し
さながら屋外の美術館のような
17IMG_4878_1
さすがは陶器の町有田の神社です。
18IMG_4897_1
参拝した後、列車が来るのを待って撮ってみました。
一応別に「鉄道ブログ」もやってるので
そこに線路があったら列車を入れて撮らずにはいられません (^^ゞ
神社の境内を横切る列車、何やら不思議な光景です。

秋のひまわりの名所として知られる佐賀県三養基郡みやき町の
山田ひまわり園へ行ってみました。
コピー (1) ~ IMG_6143_1
広さ約6000㎡の休耕田棚田を利用した敷地には
コピー (1) ~ IMG_6150_1
約10万本のひまわりが植えられています。
コピー (1) ~ IMG_6147_1
コピー (1) ~ IMG_6155_1
敷地内にはけいとうも植えられており
コピー (1) ~ IMG_6174_1
赤いけいとうと黄色いひまわりの競演がみごとです。
コピー (1) ~ IMG_6158_1
コピー (1) ~ IMG_6160_1
コピー (1) ~ IMG_6163_1
コピー (1) ~ IMG_6169_1
コピー (1) ~ IMG_6172_1
コピー (1) ~ IMG_6182_1
コピー (1) ~ IMG_6188_1
ひまわり園の近くには
コピー (1) ~ IMG_6198_1
風の神様として知られる綾部神社があり
IMG_6200_1
神社近くには鎌倉時代の先勝祈願が始まりと言われる
名物の「綾部のぼた餅」屋があります。
コピー (1) ~ IMG_6193_1
参道横の「老舗喜久屋」でそのぼた餅を食べて帰りました。
コピー (1) ~ IMG_6196_1
コピー (1) ~ コピー (1) ~ IMG_6187_1_1

山田ひまわり園は11月30日(土)まで開園されています。
駐車場有
清掃協力金100円

関連記事「綾部のぼた餅」
http://nakasimacollection.blog.jp/archives/285781.html

佐賀市では「肥前さが幕末維新博覧会」に合わせて今年3月佐賀市中央大通り約1km
の区間9ヶ所に計25人の郷土出身の偉人モニュメントが建てられました。
今回はそんな像たちを佐賀市に探しに行ってきました。
6aee1cf6.jpg
駅前まちかど広場には総勢10名の偉人モニュメントがあります。
9d511009.jpg
名君・鍋島直正と直正を支えた賢人たち
鍋島直正 佐賀藩10代藩主
古賀穀堂 
鍋島茂義
4ba5c1f4.jpg
 弘道館で学んだ若き日の賢人たち
大隈重信 早稲田大学創立者 のちの内閣総理大臣
鍋島種臣
29fba066.jpg
弘道館で学んだ若き賢人たち
枝吉神陽
島義勇
佐野常民
2713bc8d.jpg
                                                           弘道館で学んだ若き賢人たち
江藤新平
大木喬任

イメージ 15

                                                             日本の近代建築の先駆者
辰野金吾 建築家 国の重要文化財である日本銀行本店や東京駅などの作がある。
曾禰達蔵 東京丸の内に日本初のオフィスビル街の建築を手掛ける
2d4dc3da.jpg
青年教育に尽力した社会教育家
田澤義鋪
下村湖人

イメージ 6

日本を代表するお菓子メーカーの創業者
                  森永太一郎                                                                                 江崎利一
23c9d3df.jpg                   ac15ea5a.jpg
















それぞれ森永ミルクキャラメルとグリコキャラメルを持っておられます。
それにしても日本を代表するお菓子の二大メーカーの創業者が
いずれも佐賀県出身とはなんともすごいものです
5fa85a81.jpg
近代医学の礎を築いた医学者
伊藤玄白 蘭方医 近代医学の祖 長崎でシーボルトに学ぶ
相良知安 蘭方医 日本にドイツ医学を導入した医学者

イメージ 10

知的障がい児教育・福祉の先駆者
石井 亮一
石井 筆子

イメージ 12

大企業へと発展させた実業家
中富 三郎 久光兄弟合名会社(後のサロンパスで有名な久光製薬)初代社長
市村 清 リコー三愛グループ創業者 

イメージ 16

当時人気の二眼レフカメラ
リコーフレックスⅢを持って

今回は全部は紹介できませんでしたが
こうしてみるとそうそうたるメンバーですね
中には私の勉強不足で初めてその業績を知る人もいましたが
佐賀県って多くの偉人がいるのだなぁと、改めて思いました。

イメージ 7

暑い中歩き回ってモニュメントを探すのに熱中するあまり
熱中症で倒れそうになったので玉屋の六階でひと休み

イメージ 8

パフェを食べてちょっと元気になりました。
どこか懐かしくなるような雰囲気の玉屋のファミリーレストランでした。

↑このページのトップヘ